食料品値上げの陰にバイオエネルギーあり

最近、世界規模で小麦やとうもろこしなどの穀物高が進んでいます。
日本でもそれに伴い、食料品の値上げという形であらわれてますよね〜

この食料品の値上げ、もちろん世界的な原油高の影響もあるのですが、世界の国々のバイオエネルギー政策も大きく関係しているんです。

バイオエネルギーの代表的なものとしてバイオエタノールがあるのですが、このバイオエタノールの原料となるものに、小麦やとうもろこしがあります。

アメリカは、バイオエタノールを大量に生産しており、今まで穀物として、食用や家畜の飼料用として輸出されていた小麦やとうもろこしが、バイオエタノールを作るために転用されるようになっています。

当然、今まで穀物として輸出されていたものが少なくなるわけですから、価格は上昇します。
これに原油高が重なり、食料品の価格がさらに上昇するわけです。

この世界的な穀物高の影響で、世界の国々で暴動やデモも起きているところもあるそうです。
不満には思いながらも、値上げを耐えている日本は、まだマシな状態と言えるのかもしれません。

食糧をとるか?エネルギーをとるか?

という二者択一にも思えてくるのですが....

それはちょっと浅はかというもので、実はこのバイオエタノール、小麦やとうもろこしの穀物以外のものからも生成できるんですね。

問題は、アメリカやブラジルなどバイオエタノールを大量の穀物から生成している国の農業政策にあるようです。

農業を助けるために、バイオエタノールを穀物から生成する。
世界の国々の農業政策の都合があるようです。

う〜ん、食糧の大半を輸入に頼っている日本としては、かなり頭の痛い話しですよね〜。

農業政策の都合で、
    『世界的な穀物高起こしてんじゃねーよ!』
と言いたいところですが、だったら自分とこで作れば?と返されたら何も言えないですね〜。

食糧の大半を輸入に頼る日本、食糧自給率を少しでも上げる!
前々から言われていることですが、ホントに考え実践しないと...

少しは、へぇ〜やナルホド!があったでしょうか?
管理人の励みになります...応援ポチッ!お願いしまーす。

                ↓ 応援ポチッ!

banner2.gif


ここまで読んで頂きありがとうございました。
それでは〜

バイオエネルギーに積極的なEU

世界の国々で、バイオエネルギーや環境に積極的な国はどこでしょうか?
それは、もちろんアメリカ...ではなく、EUの国々です。
ドイツやフランス、オランダ、ベルギー、イタリア...総勢27カ国(2007年現在)からなる国家連合体、それがEUです。

京都議定書や洞爺湖サミットなど、地球の環境問題、エネルギー問題において、先進国の中で一番積極的な取り組みをやろう!といつもいっているのがEUですよね。

それとは反対に、いつも渋っているのがアメリカ、日本はというと、アメリカの顔色をうかがいながら中途半端という構図ですね〜。

そんな地球の環境問題に積極的にとりくんでいるのがEUで、バイオエネルギーについても着実に活用されています。

EUでは2005年のエネルギー需要の4%がバイオエネルギーで、2010年までに割合を2倍にする目標、これにより石油の輸入が8%減少、CO2排出量が2億900万t減少、農林業で30万人の雇用が新規に創出されると見ています。

また、EUのバイオエネルギー利用の内訳(2005年)で最も多いのは薪炭材・木くず44.8%、メタンガス等の有機廃棄物26.5%、輸送に使うパレットや焼却されてきた廃棄物等の固形産業廃棄物18.3%となっています。

バイオエネルギーとして、注目を集めているバイオディーゼルやバイオエタノールについては、コストがかかりすぎて採算が合わないという理由から、その利用は、数パーセント程度ということです。

バイオエネルギーといえば、特にバイオエタノールが思い浮かぶのですが、バイオエネルギー先進国であるEUがコストがかかりすぎて採算が合わないということは、日本にとってもバイオエネルギー政策を進めるうえでも重要なヒントとなるのではないでしょうか?

それとも日本のバイオエタノールは、それなりにコストを抑える工夫がされているのかな?
これは、調べてみる価値がありそうですね〜。

少しは、へぇ〜やナルホド!があったでしょうか?
管理人の励みになります...応援ポチッ!お願いしまーす。

          ↓ 応援ポチッ!

      banner2.gif


ここまで読んで頂きありがとうございました。
それでは〜
タグ:EU

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。