エマルジョン燃料とは?

最近の原油高や、世界的なバイオエネルギー政策により、注目を集めるようになったモノがあります。

それが、エマルジョン燃料と呼ばれるモノです。
では、では、エマルジョン燃料とは、どんなものなんでしょう?

エマルジョン燃料とは?
エマルジョン燃料....言葉の意味は、エマルジョン=乳化された燃料です。
つまり、ガソリンや軽油などの油と水を安定的に混ぜ合わせた状態=乳化させた燃料のことです。

うん?水と油って、分離するのでは?
そこが化学技術のスゴイところ、ひまし油誘導体という乳化剤が油滴表面に付着し、油を安定的に分散してくれるのです。
スゴイですね〜、3相乳化技術と呼ばれるものなんだそうです。
(逆に油が水滴を覆う技術も開発されているそうです。)

さらに、このエマルジョン燃料、酸素との接触面が増えるため完全燃焼に近い状態となり、燃費が向上し、すすと窒素酸化物の発生を抑えるとのこと。

燃費もあがって、環境にもやさしいってまさに一石二鳥な燃料といったところでしょうか。

エマルジョン燃料のこれまでの実証実験では、ディーゼル燃料車 3500cc 水65% 対 軽油35% の燃料にバイオディーゼル燃料を5〜15%加えて走行したところ、燃費が15%工場、窒素酸化物の発生を70%も抑えたとのこと。

なんかいいことずくめのエマルジョン燃料ですが、やはり肝心のコストはどうなんでしょうか?

コスト面では、軽油はガソリンの約半額。ひまし油誘導体は1Lあたり5円で、軽油の量は70%となので、100%の軽油より安くなります。
さらに燃料特性上、エマルジョン燃料は、軽油に分類されないため、軽油税が適用されない可能性もあるそうです。

う〜ん、エマルジョン燃料がそのまま現在のディーゼル車に使えて、何も問題がなければ、これほど良いバイオ燃料はないのでは?と思えるほどです。

でもでも、その割には今一、エマルジョン燃料ってそれほどまでには、盛り上がってないような気もするのは、なんか別の事情があるのかな?

少しは、へぇ〜やナルホド!があったでしょうか?
管理人の励みになります...応援ポチッ!お願いしまーす。

          ↓ 応援ポチッ!

      banner2.gif


ここまで読んで頂きありがとうございました。
それでは〜。

posted by ハマ at 16:46 | Comment(0) | バイオエネルギー用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイオマスとは?

バイオエネルギーの元となるもののことをバイオマスというのですが、そもそもバイオマスとはいったいなんでしょう?

このバイオマスについて、日本政府が進めている政策、バイオマス・ニッポン総合戦略においては、次のように定義されています。

『バイオマスとは、生物資源(bio)の量(mass)を表す概念で、「再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの(例えば、木・稲わら・食品廃棄物・家畜の排泄物など)」とされています。
バイオマスは、地球に降り注ぐ太陽のエネルギーを使って、無機物である水と二酸化炭素(CO2)から、生物が光合成によって生成した有機物であり、私たちのライフサイクルの中で、生命と太陽エネルギーがある限り持続的に再生可能な資源です。』

つまり、木や野菜や穀物、牛や馬の排泄物、はたまた私たち人間の排泄物など、生物により作られ再生可能な資源、それがバイオマスということですね〜。

化石燃料と違って、これらのバイオマスは再生のサイクルが格段に早いという特徴がありますよね。

さ・ら・に、一番注目される特徴が大気中のCO2量の増加を防ぐことができる点です。

バイオマスの炭素分は、大気中のCO2を固定したものということですから、そのバイオマスによるバイオエネルギーが消費されても、バイオマスに固定されたCO2が大気中に戻るだけですので、CO2が増えるということがないんですね〜。

これが、今までのガソリンや軽油など化石燃料との大きな違いですね。
ガソリンや軽油は消費されると、確実に大気中のCO2を増やしますから

また、バイオエネルギーが化石燃料:ガソリンや軽油の代わりとして使われると代替された分、大気中に排出されるCO2が減ることにもなります。

なので、地球温暖化、温室効果ガス削減が叫ばれる中でのバイオエネルギー活用ということなんですね〜。

ということで、バイオマスとは、生物により作られ再生可能な資源で、地球にもやさしい大気中のCO2増加を防止できるバイオエネルギーの元となるものでした。

少しは、へぇ〜やナルホド!があったでしょうか?
管理人の励みになります...応援ポチッ!お願いしまーす。

          ↓ 応援ポチッ!

      banner2.gif


ここまで読んで頂きありがとうございました。
それでは〜
posted by ハマ at 15:31 | Comment(0) | バイオエネルギー用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイオエネルギーとは

最近ニュースとか見ていると、ホント、バイオエネルギーという言葉を聞くようになりましたよね〜。

特にここ最近の世界的な穀物高、小麦やとうもろこしの高騰の一因ということでもバイオエネルギーという言葉が。。。

また、地球温暖化の原因CO2を減らそう、石油エネルギーからの転換ということでもバイオエネルギーという言葉がでてきます。

でも、そもそもバイオエネルギーとは何のことでしょうか?

バイオエネルギー → バイオ・エネルギー

おおーっ!バイオなエネルギーのことですな?
バイオって?バイオっていったらまず思い出すのが、大ヒットゲームの「バイオハザード」

このゲームって特殊なウィルスで人間がゾンビになって襲いかかってくるホーラーアクションでしたよね〜。あっ、犬もいましたね

話しが脱線しましたが、バイオの意味は生物ということ。
つまり、バイオ・エネルギーは直訳すると生物燃料です。

つまりバイオエネルギーは、生物の力を借りて造られる燃料のこと。

代表的なバイオエネルギーとして有名なのが、バイオエタノールに、バイオガスなど。

バイオエタノールは、サトウキビやとうもろこしなどを発酵させて蒸留して生成されます。
バイオガスは、糞尿や生ごみから発生するメタンガスを回収して生成されます。

どちらも生物の力を利用して作られるエネルギーですので、バイオエネルギーということですね〜。

つまりバイオエネルギーとは、植物や微生物などの生物を力を利用してつくられるエネルギーのことです。

少しは、へぇ〜やナルホド!があったでしょうか?
管理人の励みになります...応援ポチッ!お願いしまーす。

          ↓ 応援ポチッ!

      banner2.gif


ここまで読んで頂きありがとうございました。
それでは〜
posted by ハマ at 15:07 | Comment(0) | バイオエネルギー用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。