バイオエディーゼルバスが都バスで...

東京都の都バスで、バイオエネルギーのバイオディーゼル燃料(BHD)を利用したハイブリッドバスの運行試験が行われていたそうです。

昨年の10月10日〜今年の3月末まで渋谷駅―新橋駅間で運行され、従来に比べて約25%の二酸化炭素を削減したとのことですが。。。

この運行試験によって、バイオディーゼル燃料がエンジンなどに与える影響を検証したらしい。

う〜ん、でっ、どうだったんでしょう、影響は?
このバイオディーゼル燃料、新日本石油とトヨタが開発し、バスは日野自動車製。
まさに各分野の日本トップ企業によるバイオディーゼル燃料運行試験だったわけです。

ディーゼルというと、バスやトラック、ダンプなど大型車をイメージしますが、この大型車が少しでも脱石油できるとしたらかなりの効果が見込めますよね〜。
何しろ、流通やインフラ整備の根本を担っている車両ですから。

少しは、へぇ〜やナルホド!があったでしょうか?
管理人の励みになります...応援ポチッ!お願いしまーす。

          ↓ 応援ポチッ!

      banner2.gif


ここまで読んで頂きありがとうございました。
それでは〜。


posted by ハマ at 16:31 | Comment(0) | バイオマス・ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。