バイオエネルギーが出てきた理由

今でこそ、バイオエネルギーという言葉がテレビや新聞、雑誌などをにぎわせていますが、ほんと5,6年前とかは全然、言葉すら聞かなかったですよね〜。なんで突然でてきたのでしょうか?

そりゃ〜、石油がいづれなくなるからその代わりとしてじゃないの?

おおっ!なるほど....と納得しそうですが、それならもっと早く出てきてもよかったのでは?という感じですよね。
風力発電や水力発電、原子力発電など、石油に代わる代替エネルギーがいろいろ今までも研究されてきたわけですから。。。。

このバイオエネルギーが、世界的にも最近になって広がっている背景には、世界の超大国アメリカの政策が影響しているという説があります。

アメリカ。。。言わずと知れた超大国、世界の富が集中している超大国です。このアメリカ、実は農業大国でもあり世界一の農産物輸出国でもあります。

そして、アメリカの主要な農産物にコーンがあるのですが、悩みのタネが価格が安定しないこと。そこでアメリカは、世界的に叫ばれている将来の石油枯渇に対する代替エネルギーとして、農作物からとれるバイオエネルギー、バイオエタノールに目をつけたとのこと。

つまり、生産したコーンの何割かをバイオエタノールにまわせば、それだけ穀物として流通するコーンが少なくなるわけですから、価格も上がり生産者としては、ばんばんざい!ということです。

アメリカは、農業政策の一環としてバイオエタノールを推し進めているんですねぇ。それに、次世代エネルギー政策を後からのせたという感じなんでしょうか?

またバイオエタノールを次世代エネルギーの世界的標準としたい考えもあるそうです。
これは、近年、エネルギー埋蔵量を武器にメキメキ力が復活してきたロシアの力をなるべく抑えたいという意図があるらしい...

バイオエネルギーは、日本だけではなく世界的に叫ばれているものですが、世界的にナニかが動くとき、単純に石油がなくなるからという素直な考えだけでは動かないとつくづく実感。
やはり、世界の超大国アメリカ、さらには、世界最大の国家連合EUの思惑に大きく影響されるということなんでしょう。。。

少しは、へぇ〜やナルホド!があったでしょうか?
管理人の励みになります...応援ポチッ!お願いしまーす。

          ↓ 応援ポチッ!

      banner2.gif


ここまで読んで頂きありがとうございました。
それでは〜。

タグ:アメリカ
posted by ハマ at 15:09 | Comment(0) | バイオエネルギーの概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。