食料品値上げの陰にバイオエネルギーあり

最近、世界規模で小麦やとうもろこしなどの穀物高が進んでいます。
日本でもそれに伴い、食料品の値上げという形であらわれてますよね〜

この食料品の値上げ、もちろん世界的な原油高の影響もあるのですが、世界の国々のバイオエネルギー政策も大きく関係しているんです。

バイオエネルギーの代表的なものとしてバイオエタノールがあるのですが、このバイオエタノールの原料となるものに、小麦やとうもろこしがあります。

アメリカは、バイオエタノールを大量に生産しており、今まで穀物として、食用や家畜の飼料用として輸出されていた小麦やとうもろこしが、バイオエタノールを作るために転用されるようになっています。

当然、今まで穀物として輸出されていたものが少なくなるわけですから、価格は上昇します。
これに原油高が重なり、食料品の価格がさらに上昇するわけです。

この世界的な穀物高の影響で、世界の国々で暴動やデモも起きているところもあるそうです。
不満には思いながらも、値上げを耐えている日本は、まだマシな状態と言えるのかもしれません。

食糧をとるか?エネルギーをとるか?

という二者択一にも思えてくるのですが....

それはちょっと浅はかというもので、実はこのバイオエタノール、小麦やとうもろこしの穀物以外のものからも生成できるんですね。

問題は、アメリカやブラジルなどバイオエタノールを大量の穀物から生成している国の農業政策にあるようです。

農業を助けるために、バイオエタノールを穀物から生成する。
世界の国々の農業政策の都合があるようです。

う〜ん、食糧の大半を輸入に頼っている日本としては、かなり頭の痛い話しですよね〜。

農業政策の都合で、
    『世界的な穀物高起こしてんじゃねーよ!』
と言いたいところですが、だったら自分とこで作れば?と返されたら何も言えないですね〜。

食糧の大半を輸入に頼る日本、食糧自給率を少しでも上げる!
前々から言われていることですが、ホントに考え実践しないと...

少しは、へぇ〜やナルホド!があったでしょうか?
管理人の励みになります...応援ポチッ!お願いしまーす。

                ↓ 応援ポチッ!

banner2.gif


ここまで読んで頂きありがとうございました。
それでは〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。