バイオマスとは?

バイオエネルギーの元となるもののことをバイオマスというのですが、そもそもバイオマスとはいったいなんでしょう?

このバイオマスについて、日本政府が進めている政策、バイオマス・ニッポン総合戦略においては、次のように定義されています。

『バイオマスとは、生物資源(bio)の量(mass)を表す概念で、「再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの(例えば、木・稲わら・食品廃棄物・家畜の排泄物など)」とされています。
バイオマスは、地球に降り注ぐ太陽のエネルギーを使って、無機物である水と二酸化炭素(CO2)から、生物が光合成によって生成した有機物であり、私たちのライフサイクルの中で、生命と太陽エネルギーがある限り持続的に再生可能な資源です。』

つまり、木や野菜や穀物、牛や馬の排泄物、はたまた私たち人間の排泄物など、生物により作られ再生可能な資源、それがバイオマスということですね〜。

化石燃料と違って、これらのバイオマスは再生のサイクルが格段に早いという特徴がありますよね。

さ・ら・に、一番注目される特徴が大気中のCO2量の増加を防ぐことができる点です。

バイオマスの炭素分は、大気中のCO2を固定したものということですから、そのバイオマスによるバイオエネルギーが消費されても、バイオマスに固定されたCO2が大気中に戻るだけですので、CO2が増えるということがないんですね〜。

これが、今までのガソリンや軽油など化石燃料との大きな違いですね。
ガソリンや軽油は消費されると、確実に大気中のCO2を増やしますから

また、バイオエネルギーが化石燃料:ガソリンや軽油の代わりとして使われると代替された分、大気中に排出されるCO2が減ることにもなります。

なので、地球温暖化、温室効果ガス削減が叫ばれる中でのバイオエネルギー活用ということなんですね〜。

ということで、バイオマスとは、生物により作られ再生可能な資源で、地球にもやさしい大気中のCO2増加を防止できるバイオエネルギーの元となるものでした。

少しは、へぇ〜やナルホド!があったでしょうか?
管理人の励みになります...応援ポチッ!お願いしまーす。

          ↓ 応援ポチッ!

      banner2.gif


ここまで読んで頂きありがとうございました。
それでは〜
posted by ハマ at 15:31 | Comment(0) | バイオエネルギー用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。