バイオエネルギーとは

最近ニュースとか見ていると、ホント、バイオエネルギーという言葉を聞くようになりましたよね〜。

特にここ最近の世界的な穀物高、小麦やとうもろこしの高騰の一因ということでもバイオエネルギーという言葉が。。。

また、地球温暖化の原因CO2を減らそう、石油エネルギーからの転換ということでもバイオエネルギーという言葉がでてきます。

でも、そもそもバイオエネルギーとは何のことでしょうか?

バイオエネルギー → バイオ・エネルギー

おおーっ!バイオなエネルギーのことですな?
バイオって?バイオっていったらまず思い出すのが、大ヒットゲームの「バイオハザード」

このゲームって特殊なウィルスで人間がゾンビになって襲いかかってくるホーラーアクションでしたよね〜。あっ、犬もいましたね

話しが脱線しましたが、バイオの意味は生物ということ。
つまり、バイオ・エネルギーは直訳すると生物燃料です。

つまりバイオエネルギーは、生物の力を借りて造られる燃料のこと。

代表的なバイオエネルギーとして有名なのが、バイオエタノールに、バイオガスなど。

バイオエタノールは、サトウキビやとうもろこしなどを発酵させて蒸留して生成されます。
バイオガスは、糞尿や生ごみから発生するメタンガスを回収して生成されます。

どちらも生物の力を利用して作られるエネルギーですので、バイオエネルギーということですね〜。

つまりバイオエネルギーとは、植物や微生物などの生物を力を利用してつくられるエネルギーのことです。

少しは、へぇ〜やナルホド!があったでしょうか?
管理人の励みになります...応援ポチッ!お願いしまーす。

          ↓ 応援ポチッ!

      banner2.gif


ここまで読んで頂きありがとうございました。
それでは〜
posted by ハマ at 15:07 | Comment(0) | バイオエネルギー用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。